利尿剤ラシックスで快適生活
オススメの記事
利尿剤ラシックス
モデルも愛用する利尿剤ラシックス
芸能人やモデルにも愛用者がいる医薬品で、むくみ解消の効果は折り紙つきです。
利尿剤アルダクトン
カリウム保持性利尿薬アルダクトン
カリウムを保持したままむくみを解消!ひどくなったニキビ治療にも効果あり!
利尿剤ルプラック
ループ利尿薬のなかでも強力な利尿剤ルプラック
強力な利尿効果を持ちながらカリウム血症になりづらい!
ヒルドイドクリーム
ヒルドイドクリーム
美容や皮膚トラブルには保湿成分の高いヒルドイドクリームが最適です。
スピロノラクトン
スピロノラクトンの効果と副作用
大人ニキビの治療や薄毛予防に効果があるスピロノラクトン
利尿作用に効果のあるツボ・マッサージ
利尿作用に効果のあるツボやマッサージ
むくみに効果があるツボやマッサージ!そして便利なむくみ解消アイテムをご紹介!
顔のむくみの原因を徹底検証
顔のむくみの原因を徹底検証
むくみについて誰もが知っている原因から、こんなことまでが原因に!?
足のむくみの解消法
足のむくみの解消法とは?
足のむくみ解消法の種類や効果、費用などを比較解説してます。
利尿作用の高い食べ物・飲み物
利尿作用の高い食べ物・飲み物
食べ物や飲み物から利尿作用を高めてむくみを解消しましょう!
利尿剤ラシックス

利尿剤アルダクトン

利尿剤ルプラック

美容

その他メニュー
  1. TOP
  2. ルプラック(トラセミド)とは

ラシックスの副作用をカバーした利尿剤ルプラックの特徴!効果や通販について紹介します。

ルプラックとは

ルプラックはループ利尿薬という薬のひとつです。ループ利尿薬とは腎臓に働きかけて尿の量を増やす利尿剤の一種で、このタイプとしては比較的低カリウム血症を引き起こしにくい薬です。

病気が原因となって起こる浮腫(むくみ)を治療する利尿剤としてよく使われます。

ルプラック ルプラックジェネリックの通販はコチラ

ルプラックの効果や効能

ルプラックには尿の排出を促す効果があります。からだの水を尿として出すことでむくみの解消が望めます。

皆さんは一日中座り仕事をして足がパンパンになってしまった経験はないでしょうか?
このようなむくみはからだの余分な水を排出できずにためてしまうことで起こります。

ルプラックによって余分な水をからだから出すことで、むくみを改善できるのです。

一般的にルプラックは心不全や腎不全、肝不全などの病気が原因で起こるむくみの治療に使われます。

有効成分『トラセミド』

ルプラックの有効成分は利尿剤の効果を持つトラセミドです。

腎臓が持つ役割のひとつに、水が尿として排出される前に水の一部や栄養分を血液に戻すというものがあります。トラセミドはこの働きを抑えるので、その分尿の量が増えることになります。

結果的に血管を流れる血液の量が減り、からだの余分な水が少なくなるのでむくみが解消されます。

同時に血管にかかる圧力も下がることから、血圧を下げる効果を持つ成分としても知られています。

ルプラックの即効性

ルプラックは服用してから、およそ30~60分ほどで効果が現れます。

利尿の効果は薬が効いている間中続くので、この薬を服用する場合はいつでもトイレに行ける状況にしておいた方が良いですね。

ルプラックの効果時間

ルプラックの効果は約6時間から8時間続きます。寝る直前にルプラックを服用してしまうと、尿意によって睡眠がさまたげられる可能性があります。

就寝時間よりも6時間以上前に服用することをオススメします。

ルプラックジェネリックの通販はコチラ

ルプラックの特徴

ルプラックの特徴 利尿剤は『ループ利尿薬』、『カリウム保持性』、『浸透圧性』や『チアジド系』などに分類されていますが、ルプラックはラシックスと同じループ利尿薬です。

ループ利尿薬は利尿剤の中でも特に強い利尿作用を持つことが特徴的です。また、ルプラックは他のループ利尿薬と比べても効果が続く時間が長く、腎臓の働きに悪い影響を与えにくいことが知られています。

高い利尿効果がありながら、血圧を下げる効果はそれほど高くないことも大きな特徴です。

ループ利尿薬の副作用として血液中のカリウムが尿と共に失われてしまう低カリウム血症があります。ルプラックはカリウムをからだに留める働きによってその副作用を起こりにくくしているという利点があるのです。

※この記事の参照元:「ルプラック」の効能・副作用|goo辞書

低カリウム血症とは?

低カリウム血症とは血液の中のカリウムが極端に少なくなってしまう症状のことです。カリウムは人間のからだの中で心臓や筋肉を動かすことに使われたり、細胞の中の成分の濃さを調整する役割を持ちます。

カリウムが少なくなることで起こる症状には以下のものがあります。

胃腸に関する症状
  • 腹痛
  • 吐き気や嘔吐
  • 便秘
筋肉に関する症状
  • 筋肉痛
  • 筋力低下
  • けいれん
  • 脱力感
  • 不整脈
腎臓に関する症状
  • のどが渇く
  • 尿の量が増える
  • 尿の濃さを調節する機能の障害
  • 腎臓の炎症

ルプラックは低カリウム血症を引き起こしにくい特徴を持っているので、上記のような症状が起こるリスクは他のループ利尿薬と比べて低いと考えられます。

※この記事の参照元:MSDマニュアル|低カリウム血症

ルプラックの飲み方

ルプラックの服用方法 ルプラックは1日に1回、4mgを水かぬるま湯で服用します。年齢や症状によって量を調節する必要があります。もし1錠でも効果が強すぎると感じるようなら、ピルカッターなどで錠剤を割って服用することもできます。

1錠で効果を実感できなかった場合には2錠飲んでも良いのですが、ルプラックの有効成分であるトラセミドは1日の上限摂取量が8㎎となっています。1錠あたりのトラセミド含有量が4㎎の国内処方のルプラックなら問題ありませんが、個人輸入などでルプラックジェネリックを購入した場合は1錠あたり5㎎や10㎎となっているので、ピルカッターなどで半分に割るなどして調整する必要があります。

ルプラックの副作用と注意点

ルプラックを服用する上で以下のような副作用や注意点があります。確認してから飲むようにして下さい。

ルプラックの副作用

ルプラックを服用していて以下の副作用が出る可能性があります。

  • めまい
  • のどの渇き
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 血液の値の変化

副作用の症状としてめまいやふらつきが起こることがあるので、高い場所での作業や自動車の運転等をする場合には注意が必要です。副作用が長引いたりひどい場合には医師に相談することをオススメします。

まれに起こる重度の副作用として以下のものが挙げられます。

  • 肝機能障害
  • 血液障害
  • 低カリウム血症
  • 高カリウム血症

黄疸(肌や白目が黄色くなる)や動悸、強い倦怠感や脱力感などの体調の悪化を感じたなら、すぐに服用を止めて医師による診断を受けてください。

ルプラックの注意点

以下に当てはまる人はルプラックを服用する際に注意が必要です。服用前に医師に相談することをオススメします。

  • 尿が出ない人(無尿)
  • 低カリウムや低ナトリウムの診断を受けている人
  • 過去にルプラックを飲んでアレルギー反応を起こした人
  • 高齢者
  • 妊娠中、授乳中の人
  • 乳児や小児

併用禁忌

ルプラックと併用してはいけない薬は現在報告されていません。しかし併用の際に注意した方が良い薬があるので、以下の薬を服用中の人は医師に相談することをオススメします。

  • 降圧剤
  • 昇圧アミン
  • ツボクラリン
  • ジギタリス剤
  • リチウム
  • 糖尿病の薬
  • 抗生物質

※この記事はトラセミド|お薬110番を参考に作成しました。

ルプラックを通販で購入する方法

ルプラックを通販で購入 ルプラックは医師による処方箋が必要な医薬品なので、ドラックストアや通販サイトで購入することはできません。しかし、ルプラックと効能が同じルプラックジェネリックなら購入者本人が使用するという条件の下、個人輸入という手段で海外から取り寄せることができます。

個人輸入に必要な手続きを全て代行してくれる「個人輸入代行サイト」を利用する事で、普通のネットショッピングのように気軽に医薬品を購入する事ができてとても便利です。

海外からの発送となるため注文から商品が届くまでに10日前後かかります。まとめて購入するとさらに安く買う事ができます。

ルプラックジェネリックの通販はコチラ

ルプラックのジェネリックについて

ジェネリックとは元のオリジナルの薬(先発薬)と有効成分や効果が変わらない薬のことです。先発薬と比べて開発にかかる費用や期間がとても少なくて済むので、先発薬よりもリーズナブルな価格で販売されます。

ルプラックにも海外で製造販売されているジェネリックがあり、通販で購入することができます。

利尿効果も先発薬のルプラックと変わらないので安心です。

ルプラックジェネリックの通販はコチラ

むくみについて

気になるむくみ

むくみとは体内の血液中に含まれる水分が滞ってしまい、血管の外に出ることで手足や顔などがふくれてしまう症状です。医学的には「浮腫」と呼ばれています。

むくみは女性に多い悩みのひとつです。飲み会の日の翌日の朝やデスクワークで座りっぱなしの夕方頃に、顔や足がパンパンになってしまったという声はよく聞きます。

1度むくみの症状が出てしまうと周囲の目が気になったり、靴やブーツが入らなくなったりして外出するのが嫌になってしまう人も多いのではないでしょうか。

むくみを放置すると

むくみを放置するとからだの中に老廃物がたまり、肥満の原因となるセルライトができやすくなります。

セルライトはいったんできるとなかなか改善しにくいので、普段からむくまないように気をつけたいところです。

むくみを解消するには

むくみの解消には効果的なサプリメントや利尿剤の使用がオススメです。利尿作用がある食べ物や飲み物、ツボやマッサージもあるので自分にあった方法を探してみましょう。

ルプラックとラシックスの違い

ルプラックとラシックスの違い ルプラックとラシックスは同じループ利尿剤で、どちらも強い利尿作用を持っています。
どちらも同じ分類の利尿剤ですが少し違う点もあるので、下の表にまとめてみました。

薬名 ルプラック ラシックス
利尿薬の分類 ループ利尿薬 ループ利尿薬
有効成分 トラセミド フロセミド
利尿効果 ルプラックの利尿作用の効果はラシックスの10~30倍ほど
即効性 約30~60分 約20~30分
持続時間 約8時間 約6時間
特徴 利尿作用が非常に高く、低カリウム血症が起こりにくい 即効性や利尿効果が高く、降圧効果に優れている
価格 5mg、10mgともに1錠あたり約20円前後(ジェネリック価格) 40mg1錠あたり13円前後

強い利尿作用を求める人にはルプラック、高血圧で即効性を期待する人にはラシックスが向いていることがわかります。

ルプラックが向いている人

ルプラックにはラシックスよりも強い利尿作用があり低カリウム血症になりにくい特徴があるので、しっかりとむくみを取りたい人に向いています。

また、ラシックスよりも血圧を下げる効果は低いので、低血圧が心配な人にもオススメです。効果が続く時間がラシックスよりも長いことも魅力のひとつです。

むくみを早く解消したい人はラシックス、むくみと一緒にカリウム不足を感じている人はルプラックの服用を検討してみましょう。

ルプラックの体験談

ルプラックジェネリックを通販で購入して服用した方の口コミをまとめました。

30代女性

ダイエットのためにルプラックジェネリックを飲んでいます。最初はラシックスを飲むことを考えていたんですが、血圧が下がるというのを聞いて、自分は低血圧なときが多いからやめたほうがいいかなと思い、飲みませんでした。

それでも、足のむくみが気になって何かほかにないかな、と思って見つけたのがルプラックジェネリックです。

飲んでみたらすごいですね、体の余分な水が抜けていってるって実感できるんです。しかも、体のどこにこんなに水があったのかっていうくらい体重もちゃんと減るので今ではお気に入りの薬です。

20代女性

昔から足が太いほうで、大学時代はスカートをはいた記憶がまったくありません。今は事務の仕事に就いているんですが、朝から夕方まで座ったままで、家に帰ると足がパンパンになってやばいです。ふくらはぎが張ってる感じもつらいし、もう本当になんとかしたいって思ってました。

いろいろ探してルプラックのことを知って、半信半疑でジェネリックを注文して飲んでみることに・・・

飲んでちょっとしたらトイレに行きたくなって、「わー!」ってなりました。ようやく落ち着いてきたところで、ふくらはぎの太さを測ってみたら、ちょっと細くなっていたんです!

今まで私を悩ませていたのはむくみが原因だったんだって思うとちょっと勇気づけられました。でも平日にはちょっと飲めないかな、仕事中トイレばっかり行きたくなると困るから・・・

オフのときなら大丈夫だと思います。私みたいな悩み持ってる人にマジでオススメしたいな。

20代女性

利尿剤を使ったダイエットは前からやっていてラシックスユーザーです。同じく利尿剤ダイエットをやっている友達からルプラックの方が効くよって言われて、試しにルプラックジェネリックを使ってみました。

使ってみた感想は「めちゃくちゃいいじゃん!」です。ラシックスを飲んだときよりは効いてくるのが遅かったけど、1度効いちゃえばものすごく長く続くから効き目の強さから言ったらこっちの方が上かな。ラシックスよりも2時間くらい長く続いたと思います。

ラシックスって早く効くから急いでるときはオススメかもしれないけど、私的にはじっくりむくみを取りたいからルプラックジェネリックの方が好みです。トイレに行きたくなる時間も増えるから、その分飲むタイミングに要注意だけど。

このように効果を実感できた、という声が多数見受けられました。ラシックスも飲んだことがある経験者からは、ラシックスよりも効果を強く感じたという感想もあることから、ルプラックジェネリックはしっかりとむくみを取りたい人向けの薬なのかもしれません。

ただし、尿意を感じる度合いも強く出るようなので、これから服用を考えている方は飲む状況やタイミングに注意してください。

ルプラックについてのまとめ

ルプラックはむくみの解消に最適な強い利尿作用を持つ薬です。同じループ利尿剤のラシックスよりも効果が強く、低カリウム症になりにくい特徴を持っているので、むくみが強く出ていてカリウム不足が気になる方にオススメです。血圧を下げる効果がラシックスよりも小さいので、血圧が低い人にも向いています。

ルプラックは病院で処方してもらう薬なのでドラッグストアや普通の通販サイトでは購入できませんが、海外のルプラックジェネリックなら個人輸入代行サイトで手に入れることができます。

むくみは放っておくと肥満の原因となるセルライトを増やします。ひどいむくみでお悩みなら、ルプラックジェネリックで改善してみてはいかがでしょうか。

ルプラックジェネリックの通販はコチラ